女性に喜ばれるエンゲージリング【二人の約束のしるし】

エンゲージリングを選ぶ

リング

欲しいものを買おう

エンゲージリングは、ふたりの愛を誓う一生もの。それを「お開けながもったいないから」と我慢する人もいるそうだ。しかし、それこそもったいない。エンゲージリングはふたりの絆の証。本当はこっちが欲しいのに、予算の関係や古い固定観念などで本当にほしいものを我慢するのは間違っているのではないだろうか。ふたりにとって大事なものを優先すべきである。エンゲージリングに必要なものは値段や因習などではなく、ふたりが納得できるかどうかなのだ。よく給料三ヶ月分などというが、実際にはそれほど高価なものを買っていない場合も多いらしい。10万円以内で購入したという話もちらほらあるようだ。繰り返すようだが、大事なのはふたりが納得できるかどうか。価格やご両親の意見よりも、当人たちの気持ちが大切なのである。一言でエンゲージリングと言っても種類はさまざまである。シンプルなリングもあれば、大きなダイヤモンドのついた高価なもの。デザイン面だけでなく、つけ心地のよいものや、硬さに特徴があり、曲がりにくく傷つきにくいものなど、たくさん種類がある。そういうことを知らないままに、一度も見ないままにエンゲージリングを決めてしまうのも、またもったいないことだろう。実際にお店に行って、たくさんの種類の中から自分たちに似合うリングを見つける。そんな楽しみを共有することも大事なのかもしれない。結婚し、家族となるふたりの象徴であるエンゲージリング。なんとなくのイメージや価格で考えるのではなく、ふたりにとって納得できるものを選ぶことが重要だ。

Copyright© 2018 女性に喜ばれるエンゲージリング【二人の約束のしるし】 All Rights Reserved.