女性に喜ばれるエンゲージリング【二人の約束のしるし】

新郎新婦

花嫁衣装の選び方

ウェディングドレスをレンタルする際には、小物との相性、会場との相性、カラードレスとの相性などを考えて選ぶのがおすすめです。また、人気にデザインはすぐになくなってしまうため、出来るだけ早めに決めるようにしましょう。

指輪

この店ならではの接客

銀座ダイヤモンドシライシは婚約指輪などを販売している会社です。スタッフの接客はとても丁寧で色々と詳しく教えてくれるので、指輪やダイヤモンドの事を何も知らない男性だけで訪れても安心できるお店です。女性のスタッフが大半なので、女性目線の意見が貰え、サプライズで婚約指輪を渡したい男性も助かります。

新郎新婦

中古ドレスを安く

最近、ウェディングドレスの中古品を購入する人が増えています。これまで主流であったレンタルよりも値段が安いのが人気の秘密です。中古と言ってもレンタル落ちの品なので品質に問題はありません。この手のお店は東京都内に多く、多くのカップルが訪ねてきます。

リング

エンゲージリングを選ぶ

ふたりの絆の証「エンゲージリング」。たくさんの種類があるので、実際にお店に行っていろんなエンゲージリングの中から、好みのものを選ぶべきだ。これから家族となるふたりの象徴「エンゲージリング」。曖昧なイメージや価格ではなく、ふたりの好みを反映させるべきだろう。

女性

希望を決めておこう

ウェディングドレスのレンタルを利用する場合、ルールをきちんと守ることが大前提です。返却期日を確認しておきましょう。また、むやみやたらと試着するのではなく、ある程度は希望を決めてから試着することをおすすめします。

婚約の証し

手

二人で選ぶことが重要

結婚を約束した証として男性から女性に渡す指輪のことを婚約指輪、エンゲージリングと言います。かつてはエンゲージリングはほとんどの人が渡していましたが、最近ではつける機会があまりなかったり、お金がもったいないという理由で渡さない人も少なくないと言われています。実際に、約3割の人がエンゲージリングを渡していないとも言われています。しかし、エンゲージリングは単なる贈り物ではなく、これから結婚して二人の生活を始めていくにあたっての誓いのリングです。そして、もちろん婚約期間中にしか渡すことはできません。それだけ重要なものですので、二人の合意の上で決めていくことが大切です。一般的にエンゲージリングを選ぶ場合には二人そろって選ぶ場合がほとんどです。男性から女性へのプレゼントではありますが、二人の約束のしるしですから、二人で選ぶことが望ましいです。金額的には給料の3か月分とも言われていますが、実際には10万円から30まんえんくらいが相場です。高いものを購入しても、結局、結婚指輪をつけることになるので、あまりエンゲージリングの出番はないと言われることもありますが、結婚後に身に付けることも少なくありません。結婚すると公式なイベントが増えるため、独身時代よりも高価で上質なジュエリーをつける機会が多くなり、ある程度高価なリングが必要になるからです。もらったエンゲージリングを結婚後に全くつけないという人は1割程度しかいないと言われています。

Copyright© 2018 女性に喜ばれるエンゲージリング【二人の約束のしるし】 All Rights Reserved.